FC2ブログ
2018.12.3116:51

八神純子さんの「私とちょっと行ってみませんか?」ツアー 福島県その8(終わり)

今年も残すところあと数時間ですね。
皆さんのところは、いろいろ用事も済んでゆっくりされている頃でしょうか?
私は一年で一番嫌な日(工場の機械の大掃除)も終わってホッとしてます。
あと家の用事は適当に済ませてます。
八神純子さんからのグリーティングカードが、最後の最後の今日やっと届きました。
あーよかった!
o(^o^)o


「私とちょっと行ってみませんか?」ツアー最後の更新です。

福島駅までのバスの中では、今回のツアーの感想を述べるコーナーがありました。
皆さんの感想が立派すぎて私なんかもうダメですわ。
ちなみに、
「現地に行ってみて分かったことも多かったです。貴重な経験ができました。この経験をブログで発信したいと思います」
みたいな平凡なことを言ったと思います。(もう記憶があいまい)
それと、純子さんのこのツアーの締めの言葉もあったと思うんですが(感謝の言葉を述べられたと思うんですけど・・)記憶が飛んでて全然覚えてないんです。
申し訳ありません。


福島駅到着です。



皆さんとお別れの挨拶をしました。二日間ありがとうございました。
とくにOさんの奥さん、お世話になりました。ありがとうございました。お隣に座っていただいて楽しかったです。
純子さんとは「ありがとうございました」と握手をしてお別れしたんですが・・


この後は、福島駅で宮城のmarioさんとお会いする約束をしてました。
(鳥犬さんとテンシさんも一緒に)
その前に、
福島駅でお土産を買おうといろいろ物色していると、
「あ、純子さん!」
なんと純子さんもお土産を物色中でした。(^o^)

「何かおすすめのお土産はありますか?」

「これ美味しいわよ」

それがコレ↓
柏屋の檸檬(れも)です。


レモン風味のチーズタルトです。
ほんのりレモン風味で甘さもチーズもちょうどいい具合で、めっちゃ美味しかったです。(゚~゚)


ではここで今回買ったお土産を紹介しときますね。

「まち・なみ・まるしぇ」で買った手作りお菓子
いろんな味が楽しめました。美味しかったです。


駒田屋本舗のみそぱん
これは初めての味でした。蒸しパンと味噌のコラボがgood(^o^)b


酒田米菓の白河産コシヒカリせんべい
やさしい味でパリポリ、これは癖になりそう!


ももポテトチップ
ほんのり桃の風味にあっさり塩味。これも食べ出したら止まらない!


これも柏屋の薄皮饅頭
純子さんが前から美味しい美味しいって言ってたお饅頭です。甘さ控えめで何個でも食べられる!


までい工房の いいたて雪っ娘 ポクしっとり マドレーヌ
な、なんじゃこの名前!
いいたて雪っ娘とは?
飯舘村で生まれたカボチャだそうです。それを使ったマドレーヌです。


玉嶋屋の玉羊羹
爪楊枝で突くとつるんとおもしろいようにゴムの皮がむけます。オカンも喜んで食べてました。大きさも一口サイズでいいです。美味しかったです。(^-^)


糀和田屋のフルーツあま酒
ノンアルコールの甘酒。フルーティーで爽やかな味でした。



話を戻して、
marioさん、Nさん、鳥犬さん、テンシさん、あと関東の方お二人?とお食事をしました。
marioさんは仙台から新幹線に乗って来られて、福島駅で私たちと会って、お話して、一杯ひっかけて、また新幹線で仙台に戻られました。
福島駅滞在時間約30分!marioさん、かっこいい!

皆さんとのお話は大いに盛り上がり、お別れするのがとても残念だったんですが、時間も限られているんで仕方ありません。
私はまたギャラクシー号に乗り込みます。
いろいろ思い出してなかなか寝付けません。
翌朝7時頃に大阪駅に着き、そこから工場に戻って仕事をしました。
腰は痛いし、眠いし、またツアーのこと思い出すしで、
いつもより仕事の消化効率が悪かったのは言うまでもありませんね。
(^^i)


今回は初めての「私とちょっと行ってみませんか?」ツアー参加で、人生2度目の福島県への旅が原発事故後ということで多少の緊張もありました。
でも現地でお仕事をされている方々、出会う人々の気持ちいい笑顔と接し、その緊張もスル~っとなくなり、心地よい二日間を過ごすことができました。
一番最初の食事の「OCAFE」で、和やかな雰囲気の中、心のこもった郷土料理で迎えて下さったことも、この旅の幸先を良くしたと思います。
うわさ通り食べ物は美味しかったです。なかでもお魚料理は絶品でした。舌鼓を打つとはこういうことを言うんでしょうか。

今でも風評被害は深刻で、生産者の方々は出来ることは全部してるんだけども、安全なのに売れない、品質はいいのに値段が抑えられる等、ほんとうに困ってるということでした。
風評ということだから、多くの人?一部の人?は風に乗ってやって来る噂話程度の情報で、自分の行動を決めちゃうってことなんでしょうかね?
やっぱり信頼できるところ(県や市のサイト)の正しい情報を多くの人に知ってもらいたいです。
福島県をなんとか盛り上げていこうと地元で頑張っている若い女性の皆さんに、心を打たれうるうるしたこともありました。
地道な努力が少しでも早く報われることを祈ってます。

皆さん、福島県を旅してみませんか?
魅力的な自然、食べ物、そして人が溢れていますよ。
なかなか休みが取れない私は、通販で美味しいものを買います!


今の福島を見てきたことを2か月にわたり書いてきました。
その8までお付き合いありがとうございました。

純子さん、三浦さん、バスガイドのSさんをはじめ福島交通の皆さん、福島で出会った方々、純子ファミリーの皆さん、ありがとうございました。

今年一年「想い出のポーラー・スター」読んで下さってありがとうございました。
では良いお年を~
(^o^)ノ""""
2018.12.1923:21

八神純子さんの「私とちょっと行ってみませんか?」ツアー 福島県その7

「八神純子Live キミの街へ ~Anniversary Year」
デビュー40周年の今年の最後を飾る、大阪新歌舞伎座へ行って来ました!
当時と変わらない艶やかで瑞々しい歌声を聴かせていただきました!


仕事を抜け出し開演ギリギリ(汗だく状態で席に座り10秒後に純子さん登場!)間に合いました。
(^^i)

コンサートレポートは、夜間飛行さんとたもさんにお任せして、私はまだ終わらない「私とちょっと行ってみませんか?」ツアーのつづきを書きます。
夜間飛行さん、たもさんよろしくお願いします。
<(_ _)>



幻魚亭「いわなの郷」です。


紅葉がきれいです。

このツアーで皆さんと食べた最後のお食事となりました。
やはり、いわなが美味しかったです。絶品の味でした。
福島はお魚が美味しい!メモメモ
≠( ̄~ ̄)




バスは最後の目的地、飯舘村の細川牧場を目指します。

バスの中は、皆さんお疲れなのか?寝ている人もいたりしてとても静かでした。
途中、当時の細川牧場のビデオや写真集を観ました。
馬が亡くなる観るのも辛い映像もありました。





細川牧場到着です。

牧場主の細川さんは、行政から「被ばくした馬を殺処分して避難してください」と言われたが「家族同然の馬を殺すことはできない」と言って飯舘村に残って世話を続けたそうです。
原発事故当時、数十頭もの馬が亡くなったが、今も原因不明の病気で年に数頭亡くなっているとも言われました。
生活は一変し、復興なんかぜんぜんしていない等々・・

とてもお話が上手で、国や行政への不満を笑いを誘いながら語られたのが印象的でした。


当時の状況として、福島第一原子力発電所の北西に位置する浪江町、飯舘村などの地域で高い放射線量が測定され、現在も一部に帰還困難区域が設定されています。
が、
前にも書きましたが、福島県はめっちゃ大きいのです。
日本で3番目に大きい県で、関西で言うと紀伊半島ぐらいあります。スゴーイ
その大部分は放射線の影響もなく安全です。

今でも国や県などの被災地への取り組みは完全ではないと思います。
今も苦しんでいる人、困ってる人、不満を持ってる人は多いでしょう。
でも被災地支援の仕事(行政も)に携わっている人々の大多数は、現場で懸命に仕事をされているのも事実だと思います。

それと、
何かしたいと思ってる一般の私たちに何が出来るのかなと?
やっぱり旅行に行くことがいいと思います。
行って、観て、飲んで、食べて、買って、泊まって、感動して、地元の方とお話して、楽しいですよ。
(^○^)

お土産で私が大好きなお饅頭なんかを買うと、農家の方、原材料屋さん、和菓子屋さん、その他に印刷屋さん、パッケージ屋さんなどがその分潤います。
通販でもいいですね。


福島県は、
・さくらんぼ、桃、梨、ぶどう、りんごなどが美味しい、くだもの王国!
・全国でも有数のお米の産地で、中でも会津産コシヒカリは「米の食味ランキング」最高の「特A」の常連!
・私の実体験として、お魚がめっちゃ美味しかった!

高校の修学旅行で、磐梯山、五色沼、鶴ヶ城、飯盛山などに行きましたが、その頃と違って歴史大好きになった今の私は、白虎隊自刃の場「飯盛山」をもう一度訪れてみたいです。
五色沼も凄くよかったです。あの神秘的な水の色はこの世のものとは思えません!

素晴らしい景色に感動して、美味しいものをいっぱい食べて、
福島を応援しましょう!



話は戻って、
細川牧場では、こんなワンちゃんたちがお出迎えしてくれました。



小さなポニーのお母さん。お腹に赤ちゃんがいるそうです。



種類が違うのかな?いろんなの毛の色のお馬ちゃんがのんびり牧草を食んでました。


同部屋のあのおっちゃんがお馬ちゃんに乗るの図。
初めての経験だそうです。(^^)

これは別のおっちゃん。



みんなで写真を撮って細川牧場とお別れです。
帰りに地元の油ぱん(揚げあんぱん)と桃ジュースをもらいました。
美味しかったです。

バスは福島駅を目指します。
つづく。
2018.12.0423:01

八神純子さんの「私とちょっと行ってみませんか?」ツアー 福島県その6

「Cafe Amazon」は50席だそうですが、お客さんは私たちを含めて100人以上いたと思います。



私は、空いていた一番後ろの急遽作られたようなパイプ椅子席に座りました。
しばらくして右隣に女性二人組が座られました。
失礼ながら、どういう方たちなのかなぁ?とそれとなくチラチラ見てました。
たぶん地元の方、私たちと同世代、で、小柄で素朴で静かな感じのお二人でした。
(うちの田舎の鳥取でもこういう感じの人多いです^^)


お二人はどういう経緯でこの催しを知られたのかなぁ?
とても興味をかきたてられました。
それと、地元の方とお話もしたかったというのもありました。

「あの~お話よろしいでしょうか?」

「はい」

「地元の方ですか?」

「はい、郡山から車で2時間かけて来ました」

「あ~そうなんですか。この催しどうやって知られました?」

「ラジオでここに八神純子さんが来るって言ってたんですよ」

「あ~なるほど。八神純子さんのファンですか?」

「うふ、ファンというほどではないんです」(*^.^*)

「あはは、そうですか。僕は大阪から来ました。みんな八神純子さんのファンで、東北を応援しようというツアーの参加者なんです。北は青森、南は鹿児島、全国から福島にやって来ました」

「へぇ~そうなんですか。うれしいです!」

「あの~失礼ですけど、お年伺ってもよろしいでしょうか?」

「私は55才でこちら(もう一人の女性の方)は58才です」

「同世代ですね~。僕は56才です。ベストテンとか観てました?みずいろの雨とかパープル・タウンは知ってます?」

「観てましたよ~。みずいろの雨もパープル・タウンも知ってますよ。私はポーラー・スターが好きでした♪」

「そうなんですか。嬉しい~。今日聴けるといいですね♪」



どうも機械(PA)の調子が悪いのか?サウンドチェックが長引き、なかなかライブが始まりません。


「ちょっと準備が遅れてるみたいですけど、もうすぐ純子さんの挨拶があって、それからライブが始まると思いますよ」

「あ、そうなんですか。これが八神純子さんの歌だと思ってました」

じつは店内に今の若い子のキンキン、チャラチャラした曲がBGMで流れてたんです。

「え~、違います!違います!純子さんこんなチャラチャラした曲歌わないです。ライブはこれからですよ」
(^^i)

「あ~そうなんですか」(*^^*)


もーこの方たち大好き!(o^-^o)何か力になってあげたい!



「皆さん、こんにちは!」←純子さん

「Cafe Amazon」のこと、TPCツアーのこと、サウンドチェックのことなどなど、お話が終わってライブが始まりました。

「There you are」?
(メモと記憶があいまいです)
「みずいろの雨」「約束」
そして、
「Mr.ブルー」

「この曲好きなんです♪」

「そうなんですか。いい曲ですよね♪」

「はい!」

ここ福島でもぴーんと伸びる歌声が、心と身体に沁みて心地よかったです。
純子ファンなのが少し誇らしかったです。

「パープルタウン」「翼」

大盛況のうちにライブ終了です。



前の方の席の女性たちは「パープルタウン」で拳を上げて盛り上がってました。
たぶん、純子さんのコンサートに行ったことのある地元の純子ファンのようでした。

隣のお二人は、一番後ろの席だったし、背が低いこともあったし、たぶん純子さんの姿は人の陰からチラチラ覗ける程度だったと思います。

「せっかく2時間かけて来られたんだから、純子さんに握手してもらいましょうよ。これも何かのご縁です」

「わぁーほんとですか?うれしいです!」


お二人を引き連れ前の方に進みます。
ステージでは、前の方の席に座っていた女性たちと純子さんが握手したり、写真撮ったり、ワー、キャーと大いに盛り上がってました。

「写真もOKみたいですよ。この方たちが終わった後でゆっくり握手してもらいましょうね」

「はい、お願いします」(^^)

ところが、

「もうほんとうに時間がないんです。ごめんなさい」

ということでここで終了ということに・・・

これではお二人を郡山に帰せません。
あわてて女性のスマホのシャッターを押しました。
かろうじて純子さんとお二人が写ったボケボケの写真が1枚撮れました。
(+_+)

「ごめんなさい。僕が後でゆっくりって言ったばかりに・・・ほんとうに申し訳ないです」

「いえ、いいんですよ。お忙しそうですし、この後も予定があるみたいですし。今日はほんとうにありがとうございました」


お二人は純子さんとは握手できず、私と握手してお別れしました。
探偵ナイトスクープに依頼して、お二人を探し出し、純子さんのコンサートにご招待したい気分です。

純子さん、スタッフさん、ご迷惑をお掛けしました。
申し訳ありませんでした。<(_ _)>



帰り際に、コドモエナジー株式会社さんのカタログとルナウェア(蓄光タイル)のサンプルをもらいました。
http://www.codomo-e.co.jp/


「Cafe Amazon」が載ってます。





これが↑こんなに↓


暗いところではこんなに光ります!すごーい!


凹んだ気分のまま「Cafe Amazon」とお別れです。
バスは次の目的地、川内村の幻魚亭「いわなの郷」を目指します。
つづく。
2018.11.2722:52

八神純子さんの「私とちょっと行ってみませんか?」ツアー 福島県その5

2025年の万博が大阪に決まりましたね。
(^o^)オメデトウ♪
大阪のあの海沿いの地域が、今後どう変わっていくのか楽しみです。

前回の大阪万博は行かれましたか?
私は3回ほど行きました。(当時8才)
今でも記憶に残っているのは、アメリカ館に入るため何時間も並んだこと、月の石がただの石ころだったこと、外人さんが珍しくて何人もサインをもらったことなどなど。
(^^i)


「私とちょっと行ってみませんか?」ツアーつづきです。

翌朝7時から純子さんとジョギングです。
(私は散歩だけ参加^^)
私は少し遅れて行ったのでスタートは見れませんでした。
純子さんは余裕の表情でゴール。
その他の皆さんは、笑顔の人もいればしんどそうな人も・・
遅れてゴールしたちょっとお腹の出たおっさんに、
「ほんとに完走?」
「途中まで^^」
「なんや僕でも参加できるやん」


ジョギングの後は、純子さんを先頭に皆さんゾロゾロ散歩です。
時間が早いこともあるんでしょうが、駅前でも商店街でも人をほとんど見かけなかったです。
立派な温泉街なのに残念です。





足湯です。



いわき湯本温泉は、月岡温泉、磐梯熱海温泉とともに「磐越三美人湯」に数えられているそうですよ。


宿に戻って朝食です。



やっぱりお魚が美味しかったです。

ちなみに、この時にメガネを忘れたんですよ。でも帰り際に届きました。
「新つた」さんありがとうございました。


今日もスケジュール詰まってます。八神純子さんのライブもあります♪
「新つた」さんとお別れです。お世話になりました。
ではまた~。ヽ(^^)ノ
バスは次の目的地、川内村の「Cafe Amazon」を目指します。


移動中のバスの中で放射線量検査をしました。



約0.2マイクロシーベルトです。
全く問題のないレベルです。
1年だと、
0.2マイクロシーベルト×24時間×365日=
1752マイクロシーベルト=1.752ミリシーベルトです。
(日本で一人当たりの自然放射線量は年間約2.1ミリシーベルト)
(飛行機で東京~ニューヨークを往復すると0.11~0.16ミリシーベルト)
環境省の放射線被ばく線量の早見図です。
https://www.env.go.jp/chemi/rhm/h28kisoshiryo/h28kiso-02-05-12.html

いくつかの測定器で各々調べましたが、だいたい同じような数字が出ました。


復興を妨げているものがあるとすれば何でしょう?
復興のために何をすればいいのでしょう?
まずは正しい情報を知ること、理解すること、それが一番大切なことかもしれません。


「Cafe Amazon」に着きました。
「Cafe Amazon」日本第1号店、川内村唯一のカフェだそうです。
普通の民家を改装したんでしょうか?おしゃれです。



ここはコドモエナジー株式会社さんが、震災復興を願い、ゆったりくつろげる憩いの場になればと出店されました。

いろんな物も売ってました。



大阪弁の大きな声が聞こえてきたので思わず握手。
コドモエナジー株式会社さんの岩本社長さんでした。

熱いコーヒーを飲みながらライブが始まるのを待ちます。

このレポート今年中に終わるかな?
つづく
2018.11.1822:41

八神純子さんの「私とちょっと行ってみませんか?」ツアー 福島県その4

余談ですが、これは高校の修学旅行で買った赤べこです。
まだありました。(^^)




福島に来たらこんな美人のバスガイドさんに会えますよ~!
皆さんもどうぞ福島へ!




許可いただきました。お名前はナイショ

ほんとにキュートで素敵なバスガイドさんでした。ファンになってしまいました♪
∩.∩
二日間ありがとうございました。


湯本温泉「新つた」に着きました。
(これは翌朝に撮った写真です)







とても大きく立派な旅館でゆったりくつろげました。
お客さんもっと来てほしいです。


夕食です。豪華すぎです!
(第一弾以降一番豪華なのでは?全部行ってないので知らんけど。笑)
福島に行ってみて食べてみて思ったのは、何度か食事に魚が出たんですけど、そのすべてがとても美味しかったことです。
(海産物苦手な私が言ってます)
板前さんも気合い入ってるんでしょうね。
もちろん、福島県の海産魚介類もモニタリング検査されています。


ご飯に煮汁をかけたらもう一杯いけます。

前に座ってるのは恵莉子さん、その向かって右隣りが純子さん。
ドキドキ・・
私の右隣りは三浦さん。
震災一週間後に八神純子さんが愛知?のコミュニティーFM(たぶん聴く人少ない)に出演されてTPC立ち上げのお話をされて、それを私がアップして、それを聴いた三浦さんが純子さんと繋がった・・
それがわかって私は凄く嬉しかった、などなど三浦さんとお話しました。


夕食後、
純子さんと県の職員さん、ライシーホワイトさんとのトークセッションがありました。
(ライシーホワイトさんも福島県産のお米をPRする仕事をされてます)

美味しいと言っていたのに福島県産のお米だとわかるとゴミ箱に捨てられたとか、今でも福島県産は安く買い叩かれるとか、そういうお話も聴きました。
一生懸命美味しいお米を作ってる生産者さんの気持ちを思うとやるせないです。

生産する側としては出来ることはすべてやっているし、とにかくお二人が言われるのは風評被害をなんとかしたいとのことです。

この問題はあやふやな記憶では書けないので、ふくしま復興ステーションを引用します。
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/nousan-qa.html



福島県では、国のガイドラインによる農林水産物等緊急時環境放射線モニタリングや、米の全量全袋検査をはじめとする産地・生産者による自主検査など、農産物等の放射能検査を行い、安全な農産物等だけが流通・消費される体制を作っています。
 農林水産物等緊急時環境放射線モニタリングは、国の原子力災害対策本部(本部長:内閣総理大臣)が定めた「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」に基づき、福島県を含む関係都県において実施されています。
このガイドラインに基づき、県がサンプリング計画を定め、検体採取と測定を行っています。



福島県産のお米は、全量全袋検査されていて基準値を超えたお米は流通していません。
そのため日本一安全なお米と言えると思います。


最後に純子さんの歌を聴いてお開きです。
「There you are」「くじらの唄」の2曲でした。
靴下姿で歌うのは初めてだとか。


福島を訪れる人々をとびっきりの笑顔で迎えるバスガイドさん、福島の農産物を応援しようと懸命にPRされているミスピーチさん、ライシーホワイトさんに頭が下がります。


その後は、各自部屋でゆっくりくつろいだり、お風呂行ったり、カラオケで盛り上がったり・・

403号室いわたばこ
おっさん5人です。(^^i)



私は寝不足だったのでカラオケはパスしました。
同部屋のNさん、テンシさんとペチャクチャしているうちに寝床に着きました。
おやすみなさーい。
つづく。
There you are
プロフィール

ちゅたろー

Author:ちゅたろー
FC2ブログへようこそ!
筆不精なヤガマー、ヤガミスト、ヤガマニア
八神純子さんを応援しています。
更新は適当です。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる