2011.11.1316:50

11月のライブいろいろ。

ヘッダー更新しました。吸い込まれそうな可愛さです。

震災の影響で延びていたSHIBUYA-AXライブと二つのチャリティーライブが盛況のうちに無事終了しました。(もう古いですね)とくに渋谷ライブは本当の八神純子復活ライブということで大きな反響を呼び、スポーツ新聞各紙に掲載され、その模様が「とくダネ」でも放送されました。
あのクリスタルボイスは?で始まり、昔と渋谷ライブの映像が流れ、まとめで、そのままの声だった、っていう感じでした。まあよかったんですが、もうちょっと時間をとって東北での活動なんかも触れてほしかったです。

11月3日と4日は動画の再生回数が普段の約5倍、私のブログを訪れる方は約6倍になり反響の凄さに本当にびっくりでした。余韻は1週間続きました。今回のライブで新たなファン(ぶり返しファンも)も増えたでしょう。中野サンプラザは速攻で売り切れました。

こんなSHIBUYA-AXライブリポートがありました。衣装について詳しく書かれていて、女性らしい視点だなって思いました。
http://shirokuhikaru.blog41.fc2.com/blog-entry-244.html

大丸でのライブは凄く狭いスペースで行われたようで、行かれた人の写真を見ると本当に息がかかるようなというのが相応しいようなお客さんとの距離でした。
こんな所でライブをする純子さんの度量の大きさに感服です。お客さんの耳に純子さんの歌声がびんびん届いたことでしょう。行かれた方は本当に幸運でしたね。
今回は、洩れてきた情報では2百人程度のお客さんなんだと思いますが、ここに何千という人たちが来られたら大混乱していたでしょうね。でもこの場所を貸した大丸さんは、そういう予想をしなかったのかな。ちょっと残念です。東京のど真ん中でのライブだし、無責任ですけど、ちょっとは混乱してほしかったです。ネットの発信力はまだテレビには及びません。もし「とくダネ」で一言言っていれば。。

郡山市で行われたチャリティーライブの放送が今日の6時からあります。(ってもうすぐですが。。)私は録音して後で聴きます。

純子さんの5月以降のチャリティーライブをずっと追ってきましたが、彼女に接した人々に共通している感じ方があります。それはとても彼女が気さくだっていうことです。(歌の上手さはもちろん皆言ってますけどね)ファンとの間に壁がなくて、ファン以外でも同じで、紙1枚もなくて、なさすぎ~と思うほどです。
前から純子さんが気さくだってことはある程度分かっていましたが、震災以降はそれが遺憾なく発揮され、後の活動につながったんだと思います。

去年の今頃はコッキーポップ・コレクションVol.4の発売を喜んでいました。
今はコンサートツアー2012開催を喜んでいます。
2011.10.3023:24

10月のチャリティーライブいろいろ。

凄かったですねぇ。10月中旬からのチャリティーライブの回数。午前に石巻市、午後から南三陸町っていう1日に2回の日もありました。たぶん歌手の中では多い方じゃないでしょうか。本当に頭が下がります。
(自分は日々仕事に追われてるだけなのに。。)
あっ、でもいろんな歌手、タレントさんなどが現地で何かしらの事をやっているのが良く分かります。
http://www.pref.iwate.jp/~hp0212/fukkou_net/raiken.html
何かをやらずにはいられないのでしょいう。日本人ってやさしいです。

今回は、チャリティーライブに行かれた現地の方のブログなどを参考に記事を書こうと思っていたんですけど、MLで紹介されたものと重なったのもあります。

室根高原ふれあい牧場チャリティーイベント「第2回牧場のコンサート」

http://youtu.be/QNhJYu6M2So
おちゃめ~
http://blog.goo.ne.jp/obarabk/e/101a343575dcb1f0d37146e4658d4729
本番はベージュの上下になりました。寒かったのかな。

この動画を仕事場の仲間(一回り年下の男)に見せたら
「小屋でやってるの」ってぬかしよったんです。まあ小屋っぽいけど。。
さらに他の画像も見せたら「なりふりかまってないな」「売れっ子やったら無理やな」ってぬかしよった。くぅぅ。
で、さらに突っ込んで、かっこいいか、悪いかって聞いたら「かっこいい」とぬかしよった。エヘヘ。
歌はどうやって聞いたら「歌は上手いな」ってぬかしよった。エヘヘ。

飯豊町源流の森「八神純子チャリティーコンサート」はこういう感じでした。

http://blogs.yahoo.co.jp/kari93karin/1306775.html
http://blogs.yahoo.co.jp/akijj5656/39073499.html


この方、他にも動画あります。「時代」もあります。ただし音悪いです。

http://samidare.jp/yuri/note?p=log&lid=254836
歌のすばらしさはもちろんですけど、気さくな、気持ちのいい人柄に感動する人も多いです。
場所がどうの、ステージがどうの、人数がどうのとか全然気にしていませんもんね。

http://youtu.be/Yi4TrmlOISE

「いさぎよく生きていかなきゃいけないと思って~明日死んでもいいと思うような生き方をしようと~」

ここまで言い切るかと。おっとこ前を越えてます。海を渡って帰って来たサムライですね。
2011.09.1122:25

釜石ライブ3といろいろ

更新が遅れました。ペコリ。仕事が忙しくて時間がとれませーん。(いつも言ってますね)11時過ぎてPCの前に座ると眠くて眠くて。。まあ、これも自分のペースのうちなんですけど。ここに来られる方には忍耐力が要求されます。。

純子さんの10月のスケジュールが載ってました。http://jscafe.internet.ne.jp/jy/wnew.htm
釜石ライブのネタがもう古くなってしまいました。でもその前に新しいセントレアライブの動画の感想を書きます。(You Tubeで観れます)


やはりクリアな画面と音に感動ですね。もう鳥肌が立ちました。凄すぎて言葉になりません。現在の歌唱力は40才前後の時に負けないぐらいのレベルまで上がってきましたね。「SONGS」がかすむほどです。この短期間の進歩には驚くほかありません。とにかく声の伸びに力があります。目一杯じゃなくてまだ余裕がある感じです。表情からも分かります。車で言うと大排気量車、余裕あるクルージング。持って生まれた才能と努力の賜物ですね。
リハーサルが贅沢だなぁ。ちょっとは出し惜しみをって思いますが、歌うのがほんとうに楽しいんですね。
「思い出は美しすぎて」の高音が出るか出ないかより、出だしがちょっとへんでした。
「Star Child」「Bluebird」も聴きごたえありますね。
純子さんにこっちを見られるとドキッとしますね~。

八神純子さんの全盛期って一般的には、レコードも売れてテレビにもよく出てた78~81年って思われますが、全盛期の意味を「最も勢いがあり活発である時期」とすると今もそれに当てはまるんじゃないかとファン的には思うんです。(「最も」は一つしかないので日本語としておかしいんですけども。。)
例えれば、富士山の頂上部が少しへっこんだりしながらも今も続いている感じです。
ヤマハ前期は天使の歌声全盛期だし、ヤマハ後期はあまり知られていない名曲連発全盛期だし、ムーンはノリノリ全盛期だし、NECは大人の歌全盛期だし、90年代後半は余裕の大人の歌声全盛期だし、そして今は皆さんご存知のとおり歌声復活活動復活全盛期だし。。(意味ワカラン)

 やっと前回のつづきです。

「手拍子ねぇ、あのーやりたくなかったらやらなくていいですよ、全然ね」

これはお客さんに年配の方も多いので、やはり気遣いですね。

「うちの父が私がライブすると必ず観に来てくれるんですけれども」

純子さんのお父さんにそういうイメージはなかったですね。お母さんは物分りが良くって優しそうで、でもお父さんは仕事一筋の厳しい人なんだろうなって思ってました。(本とか写真からの勝手なイメージで)

コッカプーとシュヌードルってややこしそうな犬だなぁ。

「思い出は美しすぎて」
すばらしいですねぇ。何度も書いてますが、ふつうの主婦をやってて、10年のブランクがあって、この曲をオリジナルどおりに歌えるんですからね。ファルセットだから歌えるってもんじゃないですよ。
曲のアウトロ中に次の曲のために移動するって、ちょっと興ざめな感じもしますが。。まあ仕方ないですよね。

「雨の日のひとりごと」
弾き語りです。この曲を聴けるなんてうれしいです。この曲もファルセット中心だから、年を取っても歌えるんじゃない?ってもんじゃないですよ。
人の声って変わりますよね。30数年も経てば少女もおばさんの声になります。純子さんも例外ではないんですけども、歌い出すと期待を裏切らないというか、予想を上回る声と歌唱で驚くほかありません。50才を超えて20才頃の歌声を再現できるなんて驚異的です。

あっびっくりした。曲の説明をとばしたのですか。。
おじいさんとのエピソード初めて聞きました。いいお話でした。

「せいたかあわだち草」
この曲もうれしいですね。「あしたも~」のファルセットで上がっていくところが好きです。「あえる~??ように~」何か変でした。間違った?
やさしい歌声でした。

「Star Child」「Bluebird」
チャリティーライブではおなじみの2曲になりました。正直言うとCDではあまり聴かない曲なんですよね。ライブでは聴きごたえがあります。

純子さんが支援活動してきた経緯を話しました。流暢なおしゃべりではないですが、心のこもった良いお話でした。

「翼」
舞台から降りて歌ってます。純子さんの目の前にはもうお客さんなんですよね。さっき犬の話の時、客席が写ったんですけど、おばちゃんが多いような。。
でも「翼」は老若男女に分かりやすい応援歌です。

「Mr.ブルー」
安定感ある歌声で安心して観ていられるんですけど、舞台狭しとあっちこち動かれて段差に足を取られないかとそれが心配でした。「どうもありがとー」

「パープルタウン」
やはり知名度は一番なのかな。いっしょに誰か歌ってますね。撮ってる人?盛り上がりも一番ですね。「どうもありがとー」

「トランスパシフィックキャンペーン」の説明とMさんの紹介がありました。いつもご苦労様です。

「ポーラー・スター」
いつものアンコール曲です。「どうもありがとー」短っ

体全体でリズムを取り、こぶしを突き上げたり、お客さんにマイクを向けたり、舞台狭しと動きまわったりと、弾き語りでなく、スタンディングで歌う時の純子さんのパフォーマンスが楽しいです。「どうもありがとー」
2011.08.2823:06

釜石ライブ2

琵琶湖のアユさんのブログがなかなか更新されないので心配してました。(ここもなかなか更新ないやんとのお声。。あるでしょうね)今日訪問してみると、入院していて本日退院されたとの事。事情が分かりまずはひと安心。

八神純子さんのフォローだけのためにツイッターに登録したのですが、先日なぜか純子さんにフォローされました。うれしーけど戸惑い気味です。
ツイッター登録3ヶ月にしてお礼のコメントが初ツイートになりました。

釜石ライブのつづきです。ちょっと間が空きましたが。
(なかなか時間が取れないので。。ペコリ)

いつものように黒の衣装で登場した純子さん。
・・・・・・・・・・(^^*) ハテハテ?何っこの間?
って思ったら音が出ないんですねぇ。(まっ、つかみはOKと)
ということでまずは挨拶から始りました。 食べ物の話題から入るのが純子さんらしいですねぇ。

「金曜日の夜」
ん?何でこの曲?って最初思いましたよ。「明日になれば 明日になればきっと 不安な気持ち 消えてしまう」という歌詞からでしょうか。
トランスパシフィックのついでに純子さんに尋ねてみました。

「歌詞が前向きなのと、そのあとのみずいろの雨と思い出は美しすぎてが上手く流れるようにのおぜん立てのオープニングの曲」

ということでした。
「明日になれば~」の伸びのレーザービームのような高音は多少マイルドながらも健在でした。現地ならもっと迫力を実感できたでしょうね。53才になってもこのような曲を避ける気はないようです。あっぱれですね。

トークです。
「あの頃って結構ね、ヒレンをしていたな」

ヒレン?ひれん?あぁ悲恋か。。

「なぜ、あんな相手にね、あんな悲しい恋してたんだって~」

81~82年頃ですかね。あんな相手って誰かな?GOさんしか思い浮かびませんが。
純子さんが名古屋の実家に帰っていた時、母親に、GOさんとはどうなったの、と聞かれて「もうすんだ」って答えたっていうエピソードをどこかで読んだ記憶があるんですけど。
すんだって。。ふつう終わったって言うところをすんだって。純子さんおもしろいです。
こんなんライブの感想じゃないですね。。

「みずいろの雨」
「SONGS」の頃はどことなく遠慮気味(様子見?自信なさげ?)に歌っていて何か物足りないものを感じましたが、今ではこの曲はパワフルに変化したと思います。
若干、セントレアライブの方が声の伸びに力があるような気がしました。(疲れはないかな?)でも、録音状況も違うし、野外と屋内の差もあるし、そもそも比べるのがおかしいのでしょうね。
つづく。(まだつづくんかい)
2011.08.1622:13

釜石ライブ1

釜石のライブ観ました。いつもどおりツイキャスですけどね。ちょっと前には考えられない事です。ありがとうございました。

ワクワク、ドキドキ、ウルウルして観ました。なぜか画面の前の私が緊張しているんです。ワクワクはライブを観れるからだし、ドキドキは被災地でのライブだからでしょうかね。それはあると思います。被災地で天然キャラ出ないかなーとかもあるかな。(たとえば、陸前高田の皆さんこんばんは~、とか言いそう)

今回は「みずいろの雨」も「思い出は美しすぎて」も歌いましたね。被災地ならではの気遣いは必要なことだと思いますが、もう歌ってもいいだろうと判断したのでしょうね。
純子さんの代表曲(別離の歌なんですけどね)を歌わないと、八神純子ファンではない一般の人はがっかりするんじゃないでしょうか。

バンドもいなくて相棒のエレピだけのライブ。最近の見慣れた風景ではありますが、ちょっと寂しいです。ギターとキーボードがあればいいんですけども。
そのエレピですが(たぶんCP)前面のロゴが5月のロレオール前ライブ、セントレアライブ、釜石ライブと違うみたいです。同じCPをあちこちのライブ会場に運び込んでるんじゃなくて地元で借りてるのかな。

いつもは「翼」の途中でうるうるするんですけど、今回は「雨の日のひとりごと」でちょっとうるっと来て「翼」でうるうるうるです。でもなぜ、うるうるするのでしょう?

「マネージャーいなくても、事務所を決めなくても、ひとりでも、来年はライブをヤルゾ!っと決めれば不思議と色々が決まってくる。」

この言葉からも分かるように純子さんフリーなんですよね。ということはスタッフがいないという事であって、最初はひとりであちこち電話をし(今はメールかな)、ひとりで物事を進めなきゃいけないんですよね。サポートがないとたいへんです。移動はどうしてるんだろう?とか。もちろん専属ではないボランティア的にお手伝いをしている人たちはいるのでしょうけど。。
そんなことを思い浮かべながら歌声を聴いていると、うるうるしてしまうのです。

人間ってそんなに変わるもんじゃないと思うのです。20年以上アメリカに住んで、二人の子どもを生み育てて、53才になって少々図太くなったとしてもやはり純子さんはシャイだし、人前でのおしゃべりは苦手なんだと思います。
そんな純子さんが地元の人たちになごんでもらおう、楽しんでもらおうと気さくにフレンドリーに、ときに一生懸命に話している姿にうるうるしてしまうのです。

うだうだ書きましたけど、純子さんのけな気さ、誠実さ、心意気に心打たれてしまうのでしょうね。
つづく。
There you are
プロフィール

ちゅたろー

Author:ちゅたろー
FC2ブログへようこそ!
筆不精なヤガマー、ヤガミスト、ヤガマニア
八神純子さんを応援しています。
更新は適当です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR