2010.12.3116:30

cp-80ではなくcp-70って知ってました?

「コッキーポップ・コレクションVol.4つづき3」でcp-80について新たな事が分かりました、と書きましたが、今年最後の記事はそのつづきです。
私が時々訪れる「What It Is」さんのブログで八神純子さんが使用していたのは、cp-80ではなくcp-70だという記事がありました。
http://blogs.dion.ne.jp/oh_tori_gen/archives/9819935.html#more
私的には結構驚いた事実です。ず~っと純子さんのエレピイコールcp-80って思って来ましたから。まあ、ミュージシャンなら当然のごとくcp-70よりも上位機種のcp-80を使うだろうという思い込みもありました。「What It Is」さんの言われるように、ちっちゃい純子さんにはcp-70がバランス的に良いのでしょう。
そんなこと知っていたよ、という人には今回は退屈な記事かも知れませんが。。。

 前部の出っ張りの形
cp-70

上白、下黒の機種


全体白の機種


全体白の機種、きれいな富士山型です


cp-80

「思い出のメロディー」
正面から見ると「YAMAHA」のロゴが右に寄っています。


「SONGS」


今年はテレビ出演等色々ありました。すべては活動再開のための助走だと思います。一番肝心な純子さんのやる気がまんまんなので、来年はいい方向に確実に進んでいくでしょう。

8月のブログ開設以来たくさん?の訪問ありがとうございました。拍手とコメントも励みになりました。
来年もよろしくお願いします。
それではみなさん良いお年を。
2010.12.2723:24

消すな~2

あ~あ。またYouTubeのアカウント消されました。やっと「思い出は美しすぎて」の再生回数が20万に届いたというのに。約1年半掛かかりました。く~っ、くやし~。
最近コッキーポップ・コレクションを10数曲そのままアップする人(こら~っ)がいて、「あっ、やばいかな」って思っていたところ、案の定消されました。巻き添えを食いました。渡辺真知子さんの「ブルー」のカバーをアップしている方のアカウントも消されました。脱力してます。。。
今“八神純子”で検索して再生回数の多い順に並べると、3番目に真知子さんがカバーする「思い出は美しすぎて」が来ます。いくらなんでもそれはおかしいでしょ。

年が明けたらまたぼちぼちアップします。カセットテープの音源もね。
2010.12.2223:03

コッキーポップ・コレクションシリーズの果たした役割。

“八神純子”というシンガーの歌の上手さは誰もが認めるところで、それは今も昔も変わりません。そもそも上手いとか下手とか、そういうのど自慢的評価なんか超越した存在であって、調子の良い時の彼女は(こういう表現は適当かどうか分かりませんが)神がかり的ですらあります。ちっちゃい人なんですけどね。
幅広い声域、圧倒的な声量、完璧な音程とピッチ(きっちりすぎるのが欠点って本人が言ってますが)、他の追随を許さないファルセットの美しさ、何にもまして私が惹かれるのは純子さんの声そのものです。ドスのきいた低音からどこまでも伸びる澄みきった高音まで、全域に満ち溢れる可愛らしさと上品さと艶やかさ。言葉の一つ一つに情感がこもってます。
歌の上手い人は他にもいますが、彼女のような魅力的な声の女性ボーカリストは過去30年私は知りません。なのでこれからの30年も出てこないでしょう。(いつものように純子ファン目線で書いてます。。)
大好きな「想い出のスクリーン」一曲で純子さんの素晴らしさがよく分かります。

ところで当時の純子さんには歌が凄く上手いという評価の他に、もう一つ聞こえてきたことがありました。「八神純子って歌は上手いけど顔はもうひとつだなぁ」という悪口です。(「私に関する悪口」という曲はそんなことに負けないように自分や同じ境遇の人を応援するため作ったのでしょうね。ブスという言葉のある曲って。。なんだかせつないです)
当時、ファンである私自身も純子さんを、まあまあ可愛いかな?ぐらいにしか見てなくて、歌唱力ばかりに目が行ってました。それは90年代にヤガマニアになってコンサートに行ってからも変わりませんでした。それがコッキーポップ・コレクションVol.1を観て一変しました。こんなにもきれいで可愛いかったのかと。顔も表情も仕草も。
天は二物を与えていました。

コッキーポップ・コレクションシリーズの果たした役割は非常に大きいと思います。私同様これを観て、純子さんの新しい魅力に気づいた人も多いんじゃないでしょうか。
このブログを訪れた、まだDVDを観ていない人がここに貼ってある画像を観て、純子さんの可愛さに気づいてもらえれば嬉しいです。
2010.12.1222:05

コッキーポップ・コレクションVol.4つづき4

前にコッキーポップ・コレクションVol.4で一番楽しみなのはトークだと書きました。なので今回一番よく観たのはトークかもしれません。私にとっては純子さんのおしゃべりって曲を聴くように心地よいのです。上品で抑揚のはっきりした、それでいて少し甘え気味の話し方も好きですね。
デビュー半年後のトーク1でも結構落ち着いていて表情豊かに話していますが、これがトーク5になるともっと自由に気楽におしゃべりしています。コッキーって純子さんには居心地が良かったのでしょうね。
もし目の前にお客さんがいれば、たぶん違った感じになっていたと思います。そういうシチュエーションの「笑っていいとも」のトークなんかでは結構硬さが目立ってました。本質的には人前に立つのが苦手でシャイな純子さんです。たとえばバラエティー番組で要領よくおしゃべりする“八神純子”って想像できません。私はシャイな純子さんが好きです。と勝手に言ってます。。

トーク1~5を観てみると共通した仕草がありました。分かります?











全部のトークシーンで右に小首を傾けていました。この仕草はもうくせになっていますね。キュートです。ちなみに時々見れる舌ペロッですが、お嬢さんなのにはしたない、とは思いません。おもしろ可愛いです。でも怒られるといけないので小さくしておきます。(Vol.1窓辺)



前回に書いた、自分には真似できないあのスタイル、っていうのは身体のことではなく音楽のことです。言葉足らずでした。
2010.12.0517:19

「冷たい雨」

貴重な音源がアップされていました。純子さんがユーミンの「冷たい雨」を歌ってます。すごく新鮮でした。でも残念ながら声が変です。音楽編集ソフトを使って再生速度を下げると多少良くなりました。(下はそのままです)



前にクリフォードさんのところでアップされていた八神純子とユーミンのトークで

「日本のシンガーでレコードを自分でお金を出して買ったのは、松任谷由実さんのレコードだけなんです」(えっ、ほんとに?もらったのはいっぱいあるそうですが)

「自分でこの曲歌いたいなと思うのは、すごいいっぱいありまして」

「文句なしにレコーディングに参加して何でもいいから手伝っちゃいたい」

と言ってました。
松任谷由実さんへの憧れはあったのでしょうね。自分には真似できないあのスタイル。ある意味対極に位置する二人ですから、どちらも相手の才能が羨ましかったりして。。
こういう埋もれた貴重な音源ってまだまだあるんでしょうね。
There you are
プロフィール

ちゅたろー

Author:ちゅたろー
FC2ブログへようこそ!
筆不精なヤガマー、ヤガミスト、ヤガマニア
八神純子さんを応援しています。
更新は適当です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR