2012.01.2923:06

「VREATH」と「さくら証書」

今年初めてのヘッダーの更新です。
お茶目な純子さんです。ほんとは横にエッチャンがいます。
ナイフこわっ。

今週は風邪をひいてしまって体調崩しました。今はだいぶん良くなったんですけど、それでもまだ体がだるいです。耳もなんか変。そんな状態で初めて「VREATH」と「さくら証書」を聴きました。途中で鼻がズルズル。。(*ヘ*)
感想はまた次の機会でと。
とりあえず八神純子ファンの皆さんにならってCDの写真をアップしました。
下はトランスパシフィックキャンペーン賛同者に純子さんが送って下さったキーストラップとメッセージカードです。
ありがとうの文字が嬉しいです。




2012.01.2223:13

全国ネットに出てほしいです。

ここんところ八神純子さんのメディアへの露出が凄くて、週一更新程度の自分のブログが着いていけません。(嬉しい悲鳴なんですけど。。)
時間がなくて録音、録画したもののまだ聴いていない、観ていないものもあります。
仕事関係の用事も多くて。。忙しいなぁ。。申告の季節も近づいてきたし。。コンサート行けるかなぁ。。

露出が凄いと言ってもまあラジオが多いし、テレビもローカル番組だったり、BSだったり、視聴者、聴視者数はそんなに多いとは思えません。自分のブログやYouTubeの数字にもあまり変化がなかったし。
ところが21日の土曜日は凄く伸びました。グラフは角のようにとんがり、「とくダネ!」でSHIBUYA-AXライブを扱った日に次ぐ伸びとなりました。これはたぶん、この日発行された朝日新聞別刷りbeの「うたの旅人」の影響だろうと想像できます。なんせ全国紙ですからね。そう考えるとやっぱり影響力の大きい全国ネットの地上波テレビに出てほしいです。

私ん家では朝日新聞を取っていないのでコンビニで買って読みました。

「みずいろの雨」について
純子さんは曲より詞に苦労することが多かったそうです。できあがった曲に、競作の結果、まだ無名に近かった三浦徳子さんの「みずいろの雨」が選ばれました。
その頃の三浦さん本人の思いが反映されているそうです。

「見かけはふわふわしたお嬢さんなのに、歌う声はストロングウーマン(強い女性)。『水色』と『雨』という流行歌では売れ筋の言葉を組み合わせて題名を決めたあとで、そのイメージを裏切る詞を書かせたのは純子さんの声の力です」

出だしでいきなり艶っぽくも力強いサビ、当時は衝撃受けたなぁ。
力強く、甘く、艶っぽく、「みずいろの雨」は純子さんの声でしか成り立ちません。

チャリティー活動では、航空券の手配、仲間集めも自分でこなし、交通費や宿泊費は自腹。新譜の発売、全国ツアーなどの仕事も増えつつあっても、マネージャーはなしで自らスケジュール管理しているそうです。

「ボランティアをしながら、人と直接つながりをもって活動することのすばらしさを覚えてしまったんですよね。仕事も自分でリードしたくて」

やっぱり今でもマネージャーなしで頑張ってるんですね。たいへんだなぁ。
もう若い頃のシャイな純子さんのイメージはないですね。
でもどこかに気を張っている彼女がいるんだろうと思います。
記事もさることながら、ウィンドウ前にたたずむ純子さんがかっこいいのです。



女性ドラマーはやっぱりひぐちしょうこさんでした。
http://ameblo.jp/shokotamori/
そしてもう一人の女性メンバーは土屋佳代さんです。
キーボードとコーラス担当です。
http://ameblo.jp/kayo-fm/entry-11142201652.html
2012.01.1723:22

壊れました。。

あーびっくりしました。いきなりでしたからね。ほんと想定外でした。
アフパラで私のメッセージが八神純子さんのコーナーが始ってすぐに読まれました。

「あの、ちゅたろーさんという方からですね、メッセージいただいていて・・」

ん?(∵)へっ?(◎o◎)あっ、おれ?おれやん。おれの名前やん。エェーー。。
ドキドキしました。こんな経験ないもんで。それも純子さんを前にしてですからね。ちょっと照れくさかったです。
でも競争率はそんなに高くなかったのかな?

こんなメッセージでした。

こんにちは。ちゅたろーと申します。
純子さんの大大ファンです。いわゆるヤガマニアです。

活動再開をずーっと待っていました。待った甲斐があり過ぎです。
今年はシングルとアルバムの発売、大ホールでのコンサートの連発。
10年間たまりにたまっていたエネルギーが噴き出しているようで、
ファンとしても興奮が醒めません。
私自身は14年ぶりの純子さんのコンサートです。ドキドキしてます。
奈良と大阪2ヶ所行く予定です。
チャリティーライブもされるそうで、タイトなスケジュールにほんと頭が下がります。
とにかくお体気をつけて頑張ってください。
ずーっと応援していきます。


全文読んでもらえました。途中ヤガマニアの説明があったりして。。
そして、

「あ~ありがとう(ございます)。お名前なんて?(もう一度)
ちゅたろーさん、ちゅーたろーさんどうもありがと。ちゅたろーさんね」


純子さんからお礼の言葉をもらいました。
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー ヘ(^∇^ヘ)ヘ(^∇^ヘ) ウヒョヒョ
(壊れました。。)
でも純子さんは「ちゅたろーって誰?」って思ってるのでしょうねぇ。。

ちなみに、ほんとは「ちゅーたろー」にするつもりだったんですけど、どこだったかな?もう誰かに使われていたので「ちゅたろー」にしたのです。自分で言うのもなんですが、紛らわしい名前ですねぇ。。

話は変わって、
チャリティーライブで、

「何かいい案でもあったら、また私にメールを頂けたらと思っています」

ということだったので、

「ただの思いつきなんですけども、鳥取県倉吉市にパープルタウンというショッピングセンターがあって、もしここで純子さんがチャリティーライブをすれば、凄く話題になるんじゃないかと思います。そして「パープルタウン」を歌えば、これほど盛り上がることはないんじゃないでしょうか」

ってメールしたら、

「鳥取県のパープルタウンの事は頭に入れておきますね。
あちらの方にコンサートライブがあるときにでも、、、と思っています」


って返事をもらいました。
2012.01.1122:35

由紀さおりさん

前回、こんな記事がありました、って書きましたが、すぐにリンク先の記事が見れなくなっていました。すみませんでした。でも探したら見つかりました。(My favorite thingsさんにも載りましたね)
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000911201050005

再評価についてです。
由紀さおりさんが海外で凄い事になっているのはご存知ですよね。ピンク・マルティーニ&由紀さおりの「1969」が大ヒットしているのです。日本でも売れてます。(現在アマゾンの歌謡曲部門で1位)たぶん今の音楽に辟易している大人たちが買っているのでしょうね。

ピンク・マルティーニというジャズオーケストラグループのリーダー、トーマス・M・ローダーデール氏が地元の中古レコード店で「夜明けのスキャット」をジャケ買いし、由紀さんの透明感ある歌声に魅かれたところから物語は始るんです。
ピンク・マルティーニの3枚目のアルバムで由紀さんの曲「タ・ヤ・タン」をカバー、この曲のライブ演奏がYouTubeにアップされていました。
それを知った由紀さんの音楽プロデューサー佐藤剛氏はすぐにピンク・マルティーニにコンタクトして。。。
そして大ブレイク。

佐藤氏いわく
2000年代前半から、歌謡曲の時代が来る、世界的にもメロディーの時代が来ていると実感。打ち込みやデジタルなどの人工的なサウンドによる音楽がチャートを席巻するなか「そうした音楽とは対照的な、本物の音楽が求められるようになった。だから本物のアルバムを作り、それが(リスナーに)発見されれば、広く受け入れられていく」

だそうです。

羨ましいですね。こういう事もあるんです。どこに偶然が転がっているか分からないし、出会いがあるか分からない。YouTubeの八神純子動画をどこの誰が見ているか分からない。。
だからかしこく利用しましょう。

由紀さんと純子さんはちょっとだけ接点があって、1994年放送の「金曜テレビの星!名曲70年代」という番組(YouTubeの名曲メドレー)の司会を堺正章さんといっしょに担当されていました。
由紀さんは純子さんに親しみを感じていたのかもしれません。澄んだ声、艶っぽい声仲間ですから。私はそう感じました。番組の最後で、

「絶対続けていってくださいませね。またぜひ帰って来て歌ってくださいませ」

って純子さんに温かい言葉をかけていました。
あとtakaさんが書き起こした「あの曲この人」も由紀さんが司会でした。

「スタートその時からぜひ一度ここに来てお話を伺いたいとおもってました」

で始ります。
http://blog.goo.ne.jp/yaga_2006/s/%CD%B3%B5%AA
2012.01.0421:32

4~5年前のベスト5

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今年はおめでとうって書きづらいですが、新年を祝う意味であえて書きました。

現在進行形の八神純子さんの記事はもちろん書いていきますが、20代の純子さん(ネタたっぷり)、もしかしたら10代、30代、40代、(10才未満も書きたいけどネタがない)も書いていきます。よろしくお願いします。

4~5年前の純子ファンの願い(私の願いですけど。。)ベスト5

1、活動再開
2、再評価
3、エマちゃん歌手デビュー
4、DVD4発売
5、近況報告

ほんの少し前まで近況すら分からなかったんですよ。2007年に出た週刊新潮の小さい記事が、当時の唯一のアメリカでの純子さんの様子が分かったニュースでした。
ある“大物”の近況が分からないっていう記事でした。今も手元にあるんです。

本人のメール
「毎日の30分のジョギングの時間は私にとって不可欠です。歌いたいと思った時にはバックヤードのゴルフ場を眺めながら、バスルームで歌ってます」

娘は18歳。この秋から大学生。息子が13歳でまだ手がかかるため、自由な時間は少ないらしい。

本人のメール、日本のファンへ
「ご無沙汰しております。また私の歌声が皆さんの耳に届けられる、そんな日がくることを夢見ています」

これを読んで、あ~活動再開は難しいだろうなって思いました。すごく受身的な言葉だと感じたんです。
しかし3年後には「SONGS」に出演しライブをやりたい発言、去年は大忙し、そして今年は大ホールでコンサート連発。あれよあれよという間でした。

1、4、5はかないました。(前にDVD4どころか5が出るかもってヤマハさんの答えをもらいました)1は一番難問だと思っていたんですけどね。
3は少しかなったかな。エマちゃんはスティーヴィー・ワンダーのバックで歌ったそうですから。プロデビューして純子さんといっしょにコンサート回ったら話題を呼ぶでしょうね。
そして2は微妙かな。「SONGS」出演だけじゃものたりません。再評価の結果として紅白出場してほしいですね。前も書きましたが、紅白は日本で一番視聴率の高い歌番組、私はそれだけの評価ですけど、それゆえ出てほしいです。そして声の出ていない歌手を蹴散らしてほしいです。

こんな記事がありました。
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000001201040017
There you are
プロフィール

ちゅたろー

Author:ちゅたろー
FC2ブログへようこそ!
筆不精なヤガマー、ヤガミスト、ヤガマニア
八神純子さんを応援しています。
更新は適当です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR